土質試験機 ~地耐力と支持力~

広島に本社を構える株式会社山陽測器では、建設関連のさまざまな測定機器の販売やレンタルを行っているそうです。
レンタル商品の中には件数はあまり多くなさそうですが「土質試験機」も用意されています。
土質試験機の中で昨今の自然災害対策として注目されている「地耐力」と「支持力」の試験機について見てみることにしましょう。

◆「地耐力」、「支持力」とは?

まずは、株式会社山陽測器でレンタルすることが可能な土質試験機で測定することが出来る「地耐力」、「支持力」とはどういうものなのか確認しておきましょう。
地盤沈下という言葉を聞いたことがある方は多いことでしょう。地耐力というのは地盤沈下を想定して頂くと分かりやすいのではないかと思います。
地盤沈下の原因にはいくつかありますが、その地盤が耐えることの出来る重みを超えた重みが加わった場合に地盤沈下が起こってしまうケースがあります。
地耐力というのは、地盤が耐えることが出来る重さや地盤沈下に対する抵抗力になるそうです。
支持力は、建物の柱に例えると分かりやすいと思います。建物の柱は屋根などを支えています。
支持力というのは地盤が支えることの出来る力ということになるそうです。

◆「地耐力」と「支持力」の違い

それでは、地耐力と支持力ではどんな違いがあるのでしょうか?
試験データを何に利用するかの違いと捉えておけば良いようです。地耐力は建物の直接基礎工事を行う際に利用する値になります。
支持力は杭の基礎を決めるために使われているそうです。また、支持力には極限支持力と許容支持力というものがあるそうです。
極限支持力というのは杭が支えることが出来る力の限界で、大地震を想定していると考えて良いそうです。
許容支持力というのは、杭が建物の崩壊を招かずに支えることが出来る力ということになるようです。

◆貫入試験機・支持力測定器

株式会社山陽測器では地耐力や支持力を調べることが出来る機器として貫入試験機や支持力測定器を用意しています。
貫入試験機には、コーン貫入試験機とスウェーデン式サウンディング試験方法に基づいて行なうスウェーデン貫入試験機があるそうです。
コーン貫入試験機では土地の抵抗力、つまり地耐力を知ることが出来るそうです。
スウェーデン式サウンディング試験方法をベースとした試験機では、地耐力と支持力を知ることが可能だそうです。

地盤の強弱を知ることが出来る試験機は、株式会社山陽測器では4件レンタル商品として用意されていますので、必要に応じて利用を検討しても良いのではないでしょうか。