メンテナンスサービス~修理・校正サービス~

1972年にスタートした株式会社山陽測器ですが、測定機器などの修理・校正サービスからスタートしたと言われています。
株式会社山陽測器の創業当初から続けている事業であるメンテナンスサービス(修理・校正サービス)は現在も行なわれているそうです。
同社が行っている修理・校正サービスについて見てみることにしましょう。

◆測定機器等はメンテナンスが必要

精密なデータを計測するためには、計測機器のメンテナンスをシッカリ行っていることが大切になってくるそうです。
機器を使用した後で、調整を行わないまましまい込んでしまったりしていては、機器をベストな状況で使用することは難しいケースが多いそうです。
測定機器等のメンテナンスの必要性は、楽器のメンテナンスに例えると分かりやすいかもしれません。
ピアノやヴァイオリンなどの楽器も定期的にメンテナンスを行なわなければ正しい音階を出せなくなってしまいます。
そうした楽器を使って音楽を奏でたとしても、美しい音色を奏でることは難しいでしょう。自分ではドの音を出しているつもりでも、結果は違う音を出しているということになってしまうことでしょう。
測量機器等も基礎となる値が正確でなければ測定した値が正しい値ではなくなってしまうということです。

◆メンテナンスの依頼方法

それでは、測定機器等のメンテナンスを依頼する際の手順や大まかな流れを確認しておきましょう。
Step1 株式会社山陽測器へメンテナンス依頼希望の連絡を入れる。
Step2 メンテナンス依頼機器の発送
Step3 メンテナンス依頼機器の到着
Step4  到着確認(製品本体、付属物、履歴などの確認)
Step5 動作確認(必要に応じた対応)
Step6 校正作業
動作確認を行なって修理が必要なケースは、見積もりが作成され依頼者の同意を得た上で修理を行うことになるそうです。

◆メンテナンスを依頼するメリット

株式会社山陽測器にメンテナンスを依頼する際の手順や大まかな流れについて確認しましたが、同社にメンテナンスを依頼するメリットとして次の点をあげることが出来るでしょう。
①メンテナンス専用の機材や設備を保有している。
②JSIMA(日本測量機器工業会)等の規格に則ったメンテナンスが受けられる。
③技術認定をクリアした専門の技術者によるメンテナンスを受けることが出来る。
やはりプロのメンテナンスを受けることでベストな状態で使用することが期待出来る点は大きなメリットと言えるでしょう。

測定機器等のメンテナンスの重要性や株式会社山陽測器のメンテナンスサービスについて見て来ました。作業の効率化を図る上でも正しい値を計測することが出来る機器を使うことは必要な条件と言えるのではないでしょうか?