レンタル商品~測量機器 レーザー墨出器~

建設関連の測量機器などを取扱っている株式会社山陽測器ではさまざまな種類の機器を販売しているだけでなくレンタル商品として取扱っています。
今回は取扱っている測量機器の中でレーザー墨出器にフォーカスしてご紹介しましょう。

◆レーザー機器

株式会社山陽測器ではレンタル商品としてレーザー機器の取扱いも行なっています。
同社がレンタル商品として取扱っている測量機器はHPで確認する限り全体で62件用意されているようです。
その中で件数が最も多いのはトータルステーションの24件になりますが、次いでレーザー機器が多く、合計で15件あります。
レーザー機器の内訳は、レーザー墨出器12件、パイプレーザー1件、レーザー照準器1件、レーザー鉛直器1件となっています。
レーザー機器の中でもレーザー墨出器の件数がかなり多くなっていますが、機能や使い勝手などに大きな違いがあるのでしょうか?
その辺りを探ってみることにしましょう。

◆レーザー墨出器とは?

まずは、レーザー墨出器とはどういう機器なのか確認しておくことにしましょう。
建築現場では必ず使われる機器と言えるでしょう。建物の配管の位置を決めたり、電気工事の配線の位置などを決めたりするときに使われるそうです。
レーザー墨出器が使われるようになる前は墨つぼに墨を入れて墨をしみ込ませた糸を使って建物は梁や柱などに印をつけるという作業が行なわれていたそうです。
レーザー墨出器は従来の墨を使った方法ではなく、レーザーで位置を示すことが出来るそうです。
レーザーを使って、縦ラインや水平ラインなどを示すことが出来ますので、大きな建物でも墨出作業をラクに正確に行なうことが出来るようになるのだそうです。

◆レーザー墨出器の種類

それでは、レーザー墨出器にはどのような種類があるのでしょうか?
大きく分けると「ジンバル式(マグネットダンパー式)レーザー墨出器」と「電子整準式レーザー墨出器」の2種類になるそうです。
ジンバル式レーザー墨出器の場合は、重りを下に垂らしてその先部分にある反射板にレーザーを照射して垂直(鉛直)にする特徴があるそうです。
ジンバル式レーザー墨出器には振動によって揺れてしまうという欠点があるそうです。この欠点をカバーするために作られたのが電子整準式レーザー墨出器になるそうです。
電子整準式を取り入れている製品がまだまだ少ない点もあるからか、株式会社山陽測器で取扱っているレンタル商品はジンバル式(マグネットダンパー式)のようです。

建物の配線などの位置決めに欠かすことの出来ないレーザー墨出器について見て来ましたが、ご参考になったでしょうか?
因みに株式会社山陽測器では壊れにくく精度が高いと言われているグリーンレーザーの墨出器をレンタルすることが可能だそうです。

【特選情報】株式会社山陽測器 | 企業情報 | イプロス都市まちづくり