会社の概要と特徴

測量機器を始めとしてお客様のニーズに合わせたさまざまな機器を幅広く取り扱っている株式会社山陽測器ですが、どんな会社なのでしょうか?
会社の概要と特徴について調べてみましたので、ご紹介しておきましょう。

◆山陽測器のはじまり

まずは、株式会社山陽測器の歴史を紐解いてみましょう。
1972年6月にその歴史がスタートしました。
測量機器の点検や修理を親戚の家の3畳位の小さなスペースを借りて始めたそうです。
2年後の1974年には本社を移転し、1980年には山口(徳山)営業所を開設しビジネスの拡大が行なわれました。
1988年には本社の新社屋の完成、1997年には山口」(徳山)営業所の新社屋の完成と確実な成長を続けて来たことが伺えます。
その後も業務の拡大を続け現在では、広島を本社として、東京、大阪、山口にオフィスを構えています。

◆測量機器等取扱い企業としての信頼度

また、測量機器等を取扱っている企業ですので、1981年にISO9002を取得し、信頼度をアップすることが出来たようです。
その後、2004年には日本測量機器工業会検査認定事業者登録、2005年にはソキア優秀サービス店★★★★★に認定されています。
企業としての信頼度はますますアップして行ったことが分かるのではないでしょうか。
信頼度のアップに伴って事業の拡大も行なわれているようです。
2008年には本社社屋の増築、2012年には東京オフィスの開設、2015年には大阪オフィスの移転、2017年には株式会社山陽測器大阪が設立されています。
現在ではISOへの取り組みの見直しを行なう企業が出て来ているようです。
こうした流れを受けてか自社のISOへの取り組みの見直しを行ない、2019年8月にISO9001の返上を行なっています。

◆基本理念

次に、基本理念について確認しておきましょう。
「お客様が期待する価値を提供し、信頼を積み重ねる」ことを企業の基本理念として掲げられています。
お客様とのコミュニケーションに重きをおいて、お客様のニーズを聞き取り実現することを企業のファーストプライオリティーと考えているようです。
お客様のニーズを実現することによって信頼を得て、信頼を確実にひとつずつ積み重ねて行くことを重要視しているとのことです。
そうすることでお客様、メーカー、自社それぞれがWin-Winの関係を築くことが出来ると考えているようです。
こうした基本理念に基づいた信頼関係の構築と社会貢献を目指しているそうです。

基本理念と特徴について見て来ました。
お客様のニーズへの対応をファーストプライオリティーとしているためか、株式会社山陽測器では測量機器以外の機器も取扱っています。
ICT建機、環境測定器、非破壊測定器、コンクリート試験機、土質試験機等と実に多岐にわたっているそうです。